ビューティークレンジングバーム|マツエクで使う時の注意点!

ビューティークレンジングバームマツエク

最近ではマツエクを付けている人も増えてきましたね。

マツエクのメリットは目元の華やかさがアップしたり、付けまつげやアイメイクなどの手間がなくなるといったことが挙げられますが、慣れるまではお手入れが大変ということをご存知でしたか?

使ってはいけないクレンジングを使ってしまったせいで、わずか数日でマツエクがとれてしまった…ということにならないために、マツエクを長持ちさせるための付き合い方を紹介します。

ビューティークレンジングバームはマツエクしてても大丈夫

マツエクを付けたとき、気を付けるように注意されるのが「オイル」です。

マツエクを付ける時に欠かせないものといえば、まつ毛とエクステンションを接着さるグルーとよばれる接着剤です。

一般的なグルー(シアノアクリレート系の成分)には油分が含まれているため、オイル系のクレンジングを使ってしまうとクレンジングの油分でグルーの油分を分解されてしまい接着力を弱めてしまう恐れがあります。

そのためまつエクをしている方はオイルクレンジングの使用は避け、できるかぎりマツエクOKと記載されているジェル・ミルク・バーム等のクレンジングを使うのがまつエクを長持ちさせる秘訣となります。

【マツエクにNGなクレンジング】

・オイルクレンジング

オイルクレンジングはクレンジングの油分でグルーの油分を分解してしまう恐れがあります。

1度のクレンジングで全部取れてしまうという可能性は低いかもしれませんが、徐々に粘着力が弱くなり数日中には取れてしまいます。

粘着力が弱くなって向きがバラバラになってしまったまつ毛が目の中に入り、目を傷つけてしまうといったケースも増えていますので、マツエク中はオイルクレンジングの使用は控えましょう。

また、オイルクレンジングを使用すればマツエクが取れることから、オイルクレンジングでマツエクをオフできるといった情報が口コミ等で広まっていますが、まつ毛の負担を考えるなら絶対に止めましょう。

オイルクレンジングで取ろうとしても一気に綺麗に取れませんし、無理やり取ろうとしてまつ毛ごと抜いてしまうことも珍しくありません。

ビューティークレンジングバームは口コミ評価が高く美容ブログ記事などでも、マツエクにオススメのクレンジングとして紹介されることが多いクレンジングバームです。

コスメSNSサイトLIPSでもたくさんの人がクリップ(お気に入り)していることからも、人気の高さが伺えます。

植物エキスや美容液成分がたっぷり配合されたバームで洗うことで、お肌のくすみの原因になるメイク汚れや毛穴に詰まった汚れをしっかり落としながら潤いを与え、透明感のある肌に導きます。

・シートタイプ

シートタイプのクレンジングはシートで擦ってメイクを落とすことになりますので、マツエクへの負担が大きくなってしまいます。

コットンで拭き取るタイプも同様です。

繊維にエクステが絡みついて取れやすくなってしまいます。

ビューティークレンジングバームをマツエクで使う時の注意点

ビューティークレンジングバームはマツエクOKのクレンジングバームですが、ゴシゴシ擦るのは厳禁です。

強く擦り過ぎてしまうとまつ毛自体が抜けてしまう恐れがありますので、優しく撫でるようにメイクを落としてください。

マツエクのグルー(接着剤)の種類に注意が必要

マツエクのグルーはシアノアクリレートを主成分としたグルーを使うのが一般的です。

【シアノアクリレート】

空気中に含まれるわずかな水分と反応して急速に接着する接着剤です。
瞬間接着剤の主成分です。

特徴
臭い
刺激
持続力
メチル
シアノアクリレート
速乾性と持続力があるグルーですが、臭いや刺激も強いため現在はあまり使用されていません。



エチル
シアノアクリレート
速乾性があり1か月以上持続することから、現在の主流となっているグルーです。乾く際に刺激を伴ったりアレルギー症状が出る場合があります。



ブチル/オクチル
シアノアクリレート
傷口を接着したり、歯医者さんなど医療用としても使用されているグルーです。



エトキシエチル
シアノアクリレート
ブチル、エチルに比べ刺激が少ないグルーです。速乾性・持続性が低いため、セルフで行う場合や下まつ毛用として利用されることが多いです。


※シアノアクリレートが水分に反応して固まる際にホルムアルデヒドという気体が発生します。このホルムアルデヒドが目や鼻に刺激与えます。

【シアノアクリレート以外】

シアノアクリレート不使用のグルーも稀に見かけますが、持続力が低かったり白化現象が起きやすかったりとデメリットも多いため実はあまり出回っていません。

そのため、マツエクOKと記載されているクレンジングバームはシアノアクリレート系のグルーOKというに認識で問題無いと思いますが、不安な方はサロンの方にお問い合わせください。

また、一部のオイルクレンジングでマツエクOK(ただしグルーによっては使用不可)と表示している製品もあるのですが、こちらも使えるグルーがほぼないという現状からほぼ使用できないと考えたほうが無難です。

こすらないで優しく洗う

ビューティークレンジングバームはバームがとろけてメイクや汚れを絡め落とし、擦り過ぎによるダメージを軽減させたクレンジングバームです。

アイメイクも優しくくるくる馴染ませるだけでOKです。

グルーは熱に弱いのですすぐ時は水かぬるま湯を両手に掬ってすすいでください。

クレンジング後のW洗顔も不要ですのでマツエクに何度も触れる必要はありません。

また、入浴時にシャワーを直接顔にかける人もいるかもしれませんが、シャワーの勢いと水分でマツエクが取れてしまったり乱れてしまう可能性がありますので顔に直接シャワーをかけるのは止めましょう。

ちなみにマツエクをしているときはクレンジングにオイルが入っていなければOKと思いがちですが、化粧水や乳液、美容液にオイルが入っているのもマツエクには良くありません。

マツエクを付けたときはスキンケアの見直しをすることで、より一層マツエクを長持ちさせることができますよ。

まとめ

マツエクを付けているときの約束は、

・オイルはNG
・目をゴシゴシ擦らない

というポイントを是非覚えておいてくださいね。

マツエクに慣れていないうちは色々な制限が大変かと思いますが、マツエクを長持ちさせるために上手にマツエクと付き合っていきましょう。

クチコミで人気の商品、ビューティークレンジングバームは公式サイトの定期便なら50%OFFの1,800円(税抜)で購入することができます。

肌のハリやくすみ、気になる毛穴悩みに効果が高いと評判のビューティークレンジングバーム、是非一度お試しください。

タイトルとURLをコピーしました